28日目 どこでも寝られるタイプ


本日のプレイはレベル上げの旅からになります
1レベルだけ上げたらレベル25の巴術士クエストを受諾し、そちらを進めていくという流れで。
経験値稼ぎの手段は F.A.T.E. を採用させていただきました。


(ゲーム内の) 夜は長いので、効率を度外視して手当たり次第に片付けていきます。
目指せラノシア地方の全 F.A.T.E. 制覇。
その第一歩としてアチーブメント「運命の歯車:ランク1」達成です。


その後も F.A.T.E. 巡りの旅に没頭。
攻略手帳「F.A.T.E.:攻略種類数」も達成できました。
ギルのおいしさが尋常ではなくて、肝心の経験値がこの際どうでもよくなってしまうほどのインパクトですね。


NPC から依頼されるタイプの F.A.T.E. にも初めて手を出してみたり。
「迷惑千万『密航のアクトシュティム』」の開始です。


男同士の一騎打ちにおそるおそる水を差していく。
他ならぬご本人から依頼されたのですから仕方ありません。


「迷惑千万『密航のアクトシュティム』」完了時にレベルが25に到達。
人助けはするものですね。


巴術士クエスト「洒脱なる陽動戦術」のはじまり。
ク・リヒャさんの心を救うため、放浪中のギルドマスターを探します。
私やトゥビルゲイムさんでも無理だったのに……2人の絆に嫉妬で狂ってしまいそうですね。


次の目的地は「高地ラノシア」エリア。
マップを見て位置を確認したら「エールポート」から徒歩で向かいます。


エリア移動ポイント前で午前8時30分を待ったら、いざ新天地。
アチーブメント「高地ラノシアに到達せし者」達成です。


フィールドモンスターを数体味見しつつ「メメルン交易商店」に到着。
お店系の施設があるのにレストエリアではない点に注意ですね。


まずは「洒脱なる陽動戦術」の進行です。
目撃者さんに話しかけ、巴術士ギルドマスターの次の行き先を聞き出します。
サマルトリア系イベントもまたロールプレイングゲームの華。


ゲゲルンさんに話しかけ、サブクエスト「ちゃりちゃり、お届け便っちゃ」をお引き受け。
「お手製卵弁当」の響きの可愛さと、絶妙な美味しそうさ加減に興味をそそられます。
コレステロール値は低い方が良くないらしいので卵を摂り過ぎるぐらいで丁度良いのではないでしょうか。


「サラオスの亡骸」エリアに到達。
木組みの坂があったのでつい登ってしまいましたが目標地点は坂の下の「プアメイドミル」エリアにあったみたいです。
眺めを満喫して良い気分になれたのでロスではありません。


「お手製卵弁当」をお届けして「ちゃりちゃり、お届け便っちゃ」から完了。
ご飯の時間を気にされる前に机のサイズを気にした方が良いと思いますよ。
机の上のスペースを全く有効利用できていませんよねそれ。


「洒脱なる陽動戦術」の次なる目標は宝探しゲームのご様子。


ついでにタンガ・トンガさんからサブクエスト「サラオスの亡骸」を引き受け。
こちらも宝探しゲームで、探さなければならないものが結構な数になってしまいました。


「サラオスの亡骸」エリアに登って探索開始。
ここはアクティブに襲い掛かってくるモンスターが多く、探索の手を止められがちです。
イライラせずに一族郎党根絶やしにして差し上げましょう。


大きなスケールの骨を取り巻くアスレチックに冒険心をくすぐられます。
時には骨を橋代わりにして隣の地まで移動したり。
危ないから骨を渡っている最中に押さないで! 絶対に押さないでください!!


「洒脱なる陽動戦術」の次の目標はクイズゲーム?
おそらく読んで聞かされた通りで謎解きというほどでもないのでしょうが。

それにしても巴術士ギルドのマスター様は遊び心がおありになって大変愉快な方でございますね。
そんな事は無いと思いますが、万が一この各種ゲームに特に意味が無かった日にはお覚悟くださいませ。


サブクエスト「サラオスの亡骸」の目標物も無事に集め終わりまして。
マップにヒントがあっても少々苦労しましたね。
これは冒険者の手を借りたくもなるのも分かります。


プアメイドミルに戻ったところで F.A.T.E. にジョイン。
タンガ・トンガさんの小屋の前まで来ておりましたが、その異常なまでの広範囲に興味をそそられて参加を決意した次第です。
その喧嘩、私も混ぜていただきましょう!


敵さんのリーダー格と見られる “スラッシャー” を私が担当。
必殺のミアズマバイオを以てしてもかなりの時間がかかる脅威のタフネスでございました。
もしサスタシャ浸食洞で気付かずに未だ「ミアズマ」一本で戦っていた可能性を考えるとゾッとしますね。


F.A.T.E.「プアメイドミル復興:クァール討伐」コンプリートでアチーブメント「プアメイドミルの守り手」達成にございます。
特定の F.A.T.E. にアチーブメントが設定されている事もあるのですね。
急な思い付きでの寄り道が意外な功を奏しました。
各種手帳をもっと読み込まないとなぁ。


タンガ・トンガさんに報告を行いサブクエスト「サラオスの亡骸」完了です。


「メメルン交易商店」へと戻り焚き火で暖を取りながら、本日はこれまでに致しとうございます。
ここがレストエリアでない事は承知しておりましたが「レストエリア外で終了する事のデメリット」を理解しておりませんでしたのでそのままゲームを終了した次第です。
この時は「ログアウト時に20カウントが発生するだけ」としか思っていませんでした。

それでは次回も皆様にお会いできる事を楽しみにしています。
クリスタルの光が重なるとき、また会いましょう。