36日目 私のお墓の前で 戦わないでください (前編)


リムサ・ロミンサの宿屋・ミズンマストでお目覚め一番、グリダニアへと「テレポ」。
本日は「黒衣森:中央森林」にある拠点のクエストをやっつけていきます。


ところでこのエリアって物凄く歩きにくくありません?
私が方向音痴なだけの可能性も大いにありますが。
とりあえず「マップだけを見て最短距離を突っ切ろうとする」癖は直した方が良いと自分でも思います。
いつかこの森が私の庭になる日は来るのでしょうか。


拠点入り口ゲート前の橋で午前8時過ぎを待ちます。
午前7時の時点でどしゃ降りでしたので半分諦めていましたが、

そこから僅か1時間でご覧の晴れよう。
予定通り「ベントブランチ牧場」へと足を踏み入れましょう。


まずは真っ直ぐにエーテライトを目指し、交感を済ませます。
また、メインクエスト「タムタラの仄暗い底で」に向けて「お気に入り (無料)」枠にも入れておきました。
ここをタムタラ攻略の本拠地とします!


交感が済んだらベントブランチ牧場のクエストを消化していきます。
エーテライト広場に居るマージェリアさんから話しかけていきましょう。
サブクエスト「花咲くラベンダーベッドの夢の家」を引き受けました。


次はククバチさんからサブクエスト「商人の切り札」を受諾。


エーセルスリスさん、バナードさん、レオデールさんを回って依頼された内容の聞き込み調査。


ククバチさんに「ロクな情報が得られませんでした」と正直にお伝えしたら怒られつつも報酬はきちんといただけました。
憎まれ口はきいても仕事とお金には正直な商人の鑑ですね。


周囲の人間からとてつもないレベルで慕われている牧場主のケーシャさんを発見。
この人にクエストは設定されていませんがお話させていただきましょう。
「メインクエストを進めたい気持ち」も勿論ありますが、さすがに「ゲームを楽しみたい気持ち」よりは下です。


続いてルクロさんからサブクエスト「柵作りの秘訣」をお引き受け。


外に出て “ダイアマイト” を6体懲らしめたら、

即座に完了報告。
これにてベントブランチ牧場で受けられるクエストは一段落いたしました。
先を急ぐとしましょう。


「ベントブランチ牧場」をお転婆に飛び出したら、

「ガルヴァンス監視哨」へ。
フィンネアさんよりサブクエスト「墓所に手向ける花」を引き受けます。
お仕事の斡旋ありがとうございます。


「鏡池桟橋」ではこれまたサブクエストがお出迎え。
「タムタラの墓所」はもう目と鼻の先なのにまだまだ拝むことは許されません。


ベルトさんからサブクエスト「漁師の相棒」、

ウォルセオフさんからサブクエスト「鏡池桟橋の荷運び」を引き受け。
こんなにも可憐でか弱い冒険者を捕まえてよくこんな事が言えますね。
「ミアズマ+バイオで緩やかに死に向かう刑」に処しましょうか。


エンブリン一等牙兵からお話を伺い「花咲くラベンダーベッドの夢の家」進行。


実際に「ラベンダーベッド」を訪れてみてグリダニアの風を全身に感じてみる。
緑よし、空よし、水よし、人工物よしの完璧な居住区です。
リムサ・ロミンサの居住区「ミスト・ヴィレッジ」の記憶もかなり薄れてきたので、折を見て自国の良さを再確認しに行かなければなりませんね。


潮香るミスト・ヴィレッジの夢の家」と全く同じ流れでマージェリアさんは居住区には住めません。
そして私は住めます。
ごめんなさい。こういうときどんな顔で報告すればいいかわからないの。


「鏡池桟橋の荷運び」の荷物を一度に全て回収。


回収した荷を各所の皆さんにお届けしまして。


ウォルセオフさんに完了報告。
彼の見立て通りの “剛力無双” だった事がバレると恥ずかしいので、1つずつ運んで届けたことにしておきましょう。


ウォルセオフさんのサブクエストを終わらせた私を待っていたのは、またウォルセオフさんのサブクエストでした。

サブクエスト「蜂漬けの毒酒」を引き受けたところで後編に続きます。
なんとしても今日中に「タムタラの墓所」前には辿り着きたいですね。
いや、辿り着きます!