47日目 歩く姿が自給自足


ウルダハは「砂の家」からこんにちは。
Omal 様のご助言に従い、この光景をしかと焼き付けた次第であります。
この顔ぶれがどう変化していくのか目が離せませんね。


西ザナラーンを後にしたら中央ザナラーンを通り東ザナラーンを目指します。
途中名も無き見張り台や、

酒房「コッファー&コフィン」も覗いてみたり。
如何にも何かありそうな雰囲気でしたが現時点では何もなし。


「ブラックブラッシュ停留所」に到着。
まずは真っ直ぐにエーテライトを目指して交感を行います。
今後はここが冒険の拠点になると思われるので「お気に入り (無料)」登録をば。

幸か不幸か。
見た限りクエストの類は無さそうなのですぐに次の目標地点を目指しましょう。


「狼煙の丘」に到着。
ここでは甲冑師・鍛冶師の Lv20 クラスクエストの目標達成に必須な「マテリア」に関するアレコレを教えて頂けるとのこと。

大変お待たせしております、ハ・ナンザ姐さんブリサエルさん。
ようやくクエストの一歩目を踏み出せそうですよ。
完了は……気長にお待ちください。


到着次第サブクエスト「想いが生み出す力」に飛びつき、

「マテリア化」を開放。
装備品をマテリア化するためには「錬精度」を 100% にする必要があるとのこと。
実際にはまだ手を付けてもいないのに HowTo の時点で今後の地獄が予想されてブルっちゃいますね。


お次はフ・ホバスさんからサブクエスト「想いを伝える力」をば。


こちらでは「マテリア装着」が開放。
おそらくこれでいつでもどこでも着けたり外したりが可能になりました。


今日マテリア化を知ったばかりのヒヨッコがいきなり「禁断のマテリア装着」を学ぶ暴挙。


「マテリア装着を8回行う」が伝授の条件との事。
これはまた長い間お待たせする事になりそうですね。
達成の未来が見えない程度には遠い目標でございます。


ここからメインクエスト「キャンプ・ドライボーンへ」に進むと思いきや、ウルダハの街へと引き返し。
三国ダンジョン攻略の御褒美「ギャザラー&クラフタークラスの修得祭り」再びです。
まずは「採掘師」からいきましょう。
入門手続き「採掘師アダルベルタ女史」を完了し、クラス「採掘師」を修得です。


これで終わりはあまりにも味気ないのでそのまま採掘師クエスト「赤がね色の宝物」に突入いたします。


採掘師クエストは当然外に行かなければ達成できませんので、先に街内を回り他のクラス修得を済ませる事に。
麗しの裁縫師レドレント・ローズ」を完了し、クラス「裁縫師」を修得です。


仮面紳士のファッションチェック」の時の選択肢はそういう事だったのですね。
記憶を辿ってもサッパリ心当たりが無かったので正直に上で返して「元気がいい!」と褒められた事を覚えております。


裁縫師クエスト「モコモコをつむいで」を受諾したらすぐには着手せずに、また次のギルドへと向かいます。


お次は「彫金師」ギルドにござい。
彫金少女セレンディピティー」を完了し、クラス「彫金師」を修得です。


彫金師クエスト「銅は熱いうちに打て」を受けたらいよいよ最後のクラス修得へと参りましょう。


最後は「錬金術師」ギルドですね。
こんな事を言うと他ギルドの方に怒られそうですが、名前の響きの格好良さからして違います。
偏執の錬金術師セヴェリアン」を完了し、クラス「錬金術師」を修得です。


これで全てのギャザラー&クラフタークラスを修得致しました。
遂に完全無欠の自給自足者が誕生してしまいましたね。
私の歩く姿こそが自給自足なのです!

言っている意味は分かりませんがとにかくすごい自信だという事は解ってください。


今度はここまでの道のりを逆回りに、クラスクエストを消化していきましょうか。
まずは目の前の錬金術師クエスト「はじまりは純水」から着手。


完了次第他のクラスへと出向いてそれぞれのクラスクエストを……

と思っていましたが、一度作業を始めると止め時が分からなくなるのが冒険者という生き物。


レベル5になるまで錬金術に打ち込んだら、更に次の錬金術師クエスト「ふたつ目の基礎」へと踏み込み。


そして即平らげ。
さすがに次は他のクラフタークラスクエストに手を付けると致しましょう。
次回は相当地味な内容になる事をお覚悟ください。

といったところで本日の日記はおしまい。
それでは次回も皆様にお会いできる事を楽しみにしています。
クリスタルの光が重なるとき、また会いましょう。