59日目 彫金師ギルドの4人の若葉


本日は中央ザナラーンの「刺抜盆地」からこんにちは。
引き続き採掘師のレベルを上げていきます。
「採集手帳」埋めも進行させつつ。


そうこうしている内に採掘師がレベル15に到達。
帰りましょう、第三の故郷 (ウルダハ) へ。
攻略手帳「採集活動:HQ」も達成し順風満帆な採掘人生です。


Lv 15 の採掘師クエスト「朱色の岩が導く因縁」を受諾。
本当に失言ですね。
これから初めて会おうとしている人に先入観を植え付けておくのはフェアではないと思いますハイ。


ディープ・キャニオンさんにご挨拶。
そうした良くない先入観にキッチリ応える憎まれ NPC の鑑ですね。
好感度は残念ながら低めからのスタートとなりました。


ホライズン・エッジで「砕岩」を初体験。
とはいっても操作的にはこれまでの採掘と何も変わらないので特に意識する必要はありませんが。
副道具を装備するところで「砕岩」は既に始まり、そして終わっているのです。


辰砂 (HQ)」の採集にはそれなりに時間がかかりましたが、とにかく単調な内容なのでバッサリカット。
「朱色の岩が導く因縁」の目標を達成した絵がこちらになります。

ここにはアクティブモンスター “ペイスト” が徘徊していて「ステルス」無しでの採集は考えられませんでした。
もうすっかり虜ですね。


せっかく来たので「封鎖坑道 カッパーベル銅山」前の採掘ポイントも「採集手帳」に登録。
採れるのは「鉄鉱」のみですが、そのたった1素材の使い道が無限に広がっていそうで良いではありませんか!
一点突破の美学。


ディープ・キャニオンさんに「朱色の岩が導く因縁」の完了報告。
この言い分も十分に納得できますので、私内での肩入れ採点は10対10のイーブンとなりました。
今後は屑言動を取った方から少しずつ心が離れていきますのでお気をつけください。


全くもって言い返せない注文をつけられて完了報告イベントは終了。
注文つけるなら金をくれ!
注文つけるなら装備をくれ!


採掘師はレベル18でストップ。
ここまで来たらレベル20まで上げたい気もしますが、未だ「攻略手帳」駆け込み消化中の身です故……

お次は攻略手帳「製作活動」消化のために彫金師をやっていきます。


彫金師がレベル10に到達。
画像ではたまたま HQ 品製作が成功していますが「製作活動:HQ」の達成は最初から諦めています。


Lv 10 彫金師クエスト「銀冑団からの願いごと」をお引き受け。


納品物をサクッと作成。
本日は彫金師ギルド内が過去最高の賑わいを見せ、この場に居るだけでウキウキしてしまいますね。
私も含めて全員「若葉マーク」付きなのが少々寂しいところですが。

巣立っていった人も時々ギルドに足を運びたくなるようなボーナス実装とかはどうですかプロデューサー様?
レストエリアみたいにギルドエリアにいたら作業スピードが上がるとか HQ 品製作の成功率が上がるとか。
所詮はまだ若葉マークの先を知らない初心者の戯言ですのでどうか適当に流してください。


「銀冑団からの願いごと」の途中経過報告。
依頼主である銀冑団のロバートさんにもご挨拶させていただきました。
以後お見知り置きを。


いいですね。
いつか私の銘の入った装備品がステータスになるような地位まで上り詰められればと思います。
いざそうなったら製作ノルマや期待のプレッシャーにとてつもなく疲弊しそうですが。
仲間内で配ってキャッキャしている内が華!


「簡易製作」放置でもう一段階レベル上げ。
随分前からですが私はすっかり堕落しきっています。
「製作手帳」を埋めながらレベル上げしていたあの頃の私は何処に……


Lv 15 彫金師クエスト「牙と真鍮」に着手。
彫金師のクラスクエストだけ毎度入り方がおかしくありませんか?

「神の最高傑作!究極の美!」と褒めそやされても流されないセレンディピティーさんはチョロくない女性の鑑。


納品物の「ファングイヤリング」と「ブラスゴルゲット」をサクッと製作いたしまして。


魔法人形ネジのセクハラ漫才を見たら、

ロバートさんに依頼品をお渡しして「牙と真鍮」完了です!
こう見えて意外と感情が表に出るタイプなのですねぇ私は。
「なかなか可愛いではありませんか」と自画自賛したところで本日の日記はおしまい。

それでは次回も皆様にお会いできる事を楽しみにしています。
クリスタルの光が重なるとき、また会いましょう。