78日目 ハズーバのおいしい冷水


前回はメインクエスト「ただよえる長老」が発生したところでの終了となりました。
今回はその続き、クエストを引き受けるところからの再開になります。
クエスト名の通り、行方不明となったシルフ族の長老様を探す内容のようです。


人間組織の決まり事に理解を示す蛮族の鑑。
それも「自分のところの長老が行方不明で一刻も早く探しに行ってもらいたい」時にも関わらず。
お言葉に甘えて一度グリダニアまで報告しに行くと致しましょう。


その前に「シルフ族の仮宿」奥の吊り橋でひと釣り。
新しい釣り場「さざなみ小川」の情報を手帳に書き記しておきます。


グリダニアの「双蛇党:統合司令部」でボルセル大牙佐に現状報告。


お次は「ベントブランチ牧場」に移動してギア・モルコーさんに捜査の協力依頼。
南部森林のバスカロン酒場への行き方を教えていただけました。
聖人ですね。


「黒衣森:南部森林」に到達したばかりの私を情報の洪水が襲う!
新たなロールアクション「マナシフト」を修得いたしましたが、この時はどんなアクションか確認もできませんでしたね。
画面表示に押し潰されて。


『酒房「バスカロンドラザーズ」』に到着。
酒場に足を踏み入れると新たなクエスト群が万全の態勢で私を待ち構えていました。


まずは店主「鉄腕のバスカロン」さんに話しかけて「ただよえる長老」の完了から。
見た目はいかついですがこの人もまた紛れも無い聖人です。


新拠点に辿り着いたところですがシナリオとクエストの進行はここで一旦停止。
メインクエストがサクサクと進んでいただけに惜しいですね。


それでは今週も駆け込み「攻略手帳」の時間です!
いつも通りチョコボレースの目標を2つ達成致しまして。


「モラビー造船廠」に移動してグランドカンパニーのお仕事をあれこれ。


画像はカンパニーリーヴ「誅殺指令:虚言のマンセル」中の風景。
戦闘中に吹き出しでしゃべってくれるのは楽しくて良いですね。
何度でも誅殺して差し上げましょう。


カンパニーリーヴ絡みのアチーブメントを頂戴致しまして。


前回のカンパニーリーヴ大回しの時には分からなかった「宝箱が出るか」の確認も完了。
報酬に軍票ももらえますし、ギルドリーヴ「傭兵稼業」の完全上位互換と見てよろしいでしょうか!


今週の「リーヴ:絵柄制覇」「リーヴ:達成回数」も無事に達成。


その後も狂ったようにカンパニーリーヴに打ち込み、黒渦団軍票は一旦カウンターストップ。
アチーブメント「黒渦団の軍票:ランク1」達成です。

カンスト状態のままではちょこちょこ遊んでいる F.A.T.E. の報酬分が無駄になってしまうので「ベンチャースクリップ」5枚と交換して空きを確保しておきました。


「攻略手帳」目標達成の目処が立ったので「黒衣森:南部森林」へと舞い戻り。
酒房「バスカロンドラザーズ」へ向かう道中の釣り場「ハズーバ支流:上流」を釣り手帳に書き記しておきます。


メインクエスト「バスカロンドラザーズの掟」に着手。
シルフ族の長老様の情報が入ってくるまで酒場の依頼をこなして時間を潰す事となりました。


(多分) ハズーバ支流で「冷水」を汲み汲み。


私が丹精込めて汲んだ「ハズーバのおいしい冷水」を桶一杯分ご堪能あれやオラコラァ!


ストーリー的には全く意味のない内容だったかもしれませんが、このクエストで「酒房『バスカロンドラザーズ』がどんな場所か」がプレイヤーにスッと入ったのではないでしょうか。
そして私はまたこのゲームの世界観にハマっていくのです。


クリア報酬に「鶏卵」と「ローストドードー」を頂戴して今夜は御馳走!
「ローストドードー」は十二神への供物となる品らしいですよ、といったところで本日の日記はおしまい。
なんとか今回中にメインクエスト進行の流れに戻せて良かったです。

それでは次回も皆様にお会いできる事を楽しみにしています。
クリスタルの光が重なるとき、また会いましょう。