88日目 金さえ出すならエルムケーンだって持ってきてやる!!


本日はメインクエスト「森からの帰還」で「砂の家」へ向かうところからになります。
Omal 様に教えていただいた定期便をようやく利用することができました。


操舵手さんが「ベルベティーンシュガーローフ」を被っています!
あなたも「くいだおれ」の民なのですね……
残念ながら私はつい先日卒業してしまいましたが。


あっという間に砂の家へと到着したらタタルさんに話しかけて目標を進行。


砂の家に入ったところでカットシーンへと移行。
ミンフィリアさんとアルフィノさんが「あの話」とやらについて話し合っていました。
うわぁ、これは何か企んでいますね。


アルフィノさんと入れ違いで入室した私を家族が温かく出迎えてくれました。
やっぱりここが……私の帰るべき家!


この度の働きを皆から労ってもらったら次の蛮神問題についての話し合い。
最近の展開的にヤ・シュトラ様成分が不足しているので寄りのショットを露骨に贔屓ピックアップ。

ウルダハでイフリート、グリダニアでラムゥと来たら、次は当然リムサ・ロミンサでヤ・シュトラ様と新しい蛮神についての調査……

何故!
どうしてこんな理不尽がまかり通る!?
「ラムゥとは戦わなかったからノーカウント」理論ですか!!

……それなら仕方ありませんね。


私の憤りを無視して会議は終了。
皆さんが退室したのち「アシエン・ラハブレア」と遭遇した事をミンフィリアさんだけにそっとお伝え致しまして。


そこに響き渡るタタルさんの悲鳴。
このコミカルな悲鳴で前回の「一波乱」予想が完全に空振った事を確信しました。
もしシリアス展開でこの叫びを採用したというのならそれはもう私の負けで構いません。


シルフ族の突然の来訪に驚いて腰抜かしタタルさん。
「人騒がせ」と言いたいところですが葉っぱのお面が怖かったのでこれは驚くのも致し方なし。
こうして頼りになる仲間がまた1人「暁の血盟」に加入したのでした。


カットシーンが明け。
なんだか闇の戦士堕ちしてしまいそうな雰囲気のサンクレッドさんに一声掛けておきまして。


今回の談話スペースをパシャリ。
全員とお話ししたら「森からの帰還」の完了報告にあがりましょう。


ミンフィリアさんに話しかけて「森からの帰還」は完了。
ここの真ん中の1文のクサさはこれまでの冒険でもトップクラスですね。
聞いているこっちが恥ずかしくなるレベルの逸品。


アチーブメント「言葉の壁を超える者」を達成。
良い「物語の節目」感でございます。


すぐさま次のメインクエスト「不吉な気配」の始まり。
「暁の血盟」に次の依頼が入る前に、今をときめく噂の男・アシエンの足取りを調査します。


ウルダハは「不滅隊:作戦本部」に移動したらスウィフト大闘佐から目撃情報を頂戴。


このままメインクエストを進めていきたいところですが今週も駆け込み「攻略手帳」消化のお時間となりました。
こうした日々の積み重ねが後の大資産に繋がるはずなのでどうかご理解ください。
私も本心では世界を救う冒険の続きをしたいと思っているのです。


ギルドリーヴ「製作稼業」に必要な素材を自ら採集・自ら加工。
自給自足による節約と「攻略手帳:製作・採集」の達成報酬で今最高に儲かってる!
今最高に儲かっていますよ私!


黒兎堂 マイセンタさんに「マイセンタマラソン」を仕掛けて稼ぎを更に加速させます。
マイセンタさんに納品できる任務の一方は効率が悪すぎたので「エルムケーン」だけを作り続けて納品し続ける日々。
2案件同時消化より当然往復の手間は増えますが已む無し!


木工師がレベル20に到達したところで本日の日記はおしまい。
次回はクラフタークラスクエストと、駆け込み「攻略手帳」消化の続きという地獄のプログラムを予定しております。

それでは次回も皆様にお会いできる事を楽しみにしています。
クリスタルの光が重なるとき、また会いましょう。